2021年08月30日

小中学校の生徒は携帯電話を持つべきか?欠点に気をつけよう!


小中学生の携帯電話というと、多くの親が子供に持たせるが、学校に行ったら先生に渡して、家に帰ってから簡単に連絡できるようにしなければならないが、子供が不足しているわけではない。

親が自分の携帯電話を買ってくれないと、子どもたちは「同級生と連絡を取ったり、出かけたりするのに不便だから、親はとても厳しい人だ」と感じ、とにかく勉強や連絡を口実に、親に自分の學生Plan携帯電話を買ってもらうためにいろいろな理由を考えるようになります。

もちろん、中には自制心が強く、コミュニケーションや勉強のためだけに学校に携帯電話を持ってくる子どももいる可能性は否定できませんが、それは稀です。 携帯電話は誰にとっても魅力的なものです。 今の大学生のように、入学当初に携帯電話やパソコンを新調するのは当たり前。 しかし、勉強してみると、自分が求めているのは実力ではなく、退廃であることがわかります。

私たち親のほとんどは子供を産みたいと思っていますが、Plan學生それが子供にとってどんな良いことがあるのでしょうか? 長期にわたるトレーニングは、子どもたちに自己判断能力や自己努力の観念を失わせてしまいます。

親はいわゆる「手配」で子供を混乱させ、子供は「連絡」で親を混乱させる。 親は子供に一生のびのびしていてほしいと思い、子供は自分の欲しいものを求める。 いつでも、子どもは「言い訳」を使って親と対立し、その「言い訳」を前にして、親は子どもに同意せざるを得なくなるのである。

なぜなら、学びたい、學生Plan手を差し伸べたいというニーズは本物ですが、その裏では、どのようにしているのかがわからないからです。 現在、文部科学省は、今後は学校の仕事に携帯電話を使ってはいけないこと、携帯電話の使用を厳しくチェックしなければならないことを明確にしており、親は喜び、学生は目を潤ませています。

実際、携帯電話がないとどれだけ不便かは誰もが知っています。 私たちの必需品となっています。 しかし、子供たちのためには、それを抑制する方法を考えなければなりません。 アクセスしたいという気持ちが学習を止めてしまうことはもちろん、子どもたちが道を踏み外すこともあってはなりません。

ゲームに夢中になって勉強を忘れてしまったり、早くから近視になってしまったり、同級生が携帯電話を持っているのを見て自分も持ちたいと競争心が芽生えてしまったり、携帯電話での悪い情報が子供を迷わせてしまったりと、携帯電話には様々なデメリットがあります。

結論として、携帯電話はナイフですが、「良い」が「悪い」になり、時には子供を傷つけ、時には子供を救うこともあります。子供の教育において、親は少なくとも子供の前では、携帯電話の誘惑を理解する必要があります。

管好學生手機需家校齊發力

教委特別對新學期工作提出兩個重點要求:一是科學防控疫情,二是管好學生手機。學生手機管理是全社會關注的話題。教育部辦公廳日前印發《關於加強中小學生手機管理工作的通知》(以下簡稱《通知》),要求中小學生原則上不得將個人手機帶入校園;確有需求的,...


學校有效管理學生手機,需要管理和診斷

手機管理始終是學校管理工作中的一大難題,《通知》要求,學校應將手機管理納入學校日常管理。具體應該怎樣操作?允許手機“有限帶入”的基礎是細化校園“管理措施”。一方面,學校對於有限帶入校園的個人手機要安全統一保管,學生在申請使用個人手機時要做到...


芯片和AI成長線增長“護城河”

近年來,國產手機廠商在技術方面的創新甚至不比蘋果遜色:首發屏下攝像頭、屏下指紋識別、升降式攝像頭、百萬快充……每次“黑科技”的發布,都引領著手機圈的科技潮流。但從長遠角度來看,學生plan相關的投入將有助於品牌構築長線增長的能力。在OPPO...





Posted by reddust123 at 17:56│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。